蜂の退治は業者が一番!|蜂なしの安心な生活を

追い出す方法

害獣

近年、住宅地によく出没していると言われているハクビシン。ハクビシンとは、日本の山に生息している生き物です。そもそもなぜハクビシンと呼ばれているのかというと、漢字で書くと「白鼻芯」と書きます。この漢字の通り、鼻から額にかけて被毛が白くなっているのが特徴です。そして、とても臭いにおいを発生するのも特徴の一つでもあります。このように、特徴がとてもあるので、自宅にくるとわかりやすいものです。しかし、ハクビシンは人間を下に見ています。つまり、弱い者イジメをしに寝どころを探している動物です。しかし、そんな動物でもいろいろな対策があるのです。その対策の一部としては、オオカミの尿を巣に置いておくと寄ってこないのです。もちろん、市販でも販売されているものです。オオカミの尿と言っても人間は臭くはないです。動物としては、オオカミに巣をとらえたということに勘違いをして寄ってこなくなるのです。このように、対策方法はいろいろありますので、簡単に二度とハクビシンを近づけさせないような対策をしていきましょう。

ハクビシンの駆除対策としては、ハクビシンが侵入しやすそうな場所を探して、その隙間を埋めるのです。そして、次に寝床を作られないように捕獲器を設置して置くというようなことで対策はできるのです。今では、ファンスを作ることで家の周辺まで近づけさせなように作る人もいます。フェンスだったら、すぐに飛び越えられそうなイメージが強い人がいます。しかし、このフェンスに電気を流すことによって、飛び越えることやフェンスに手をつけるだけで捕獲することができるのです。